読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

脱サラしてまで芸大に入ったわけ 【5】「退職」を整理する

【4】でお話しした通り、戦略を固め、2つの学部を受験しました。 1校目は意思を伝えることができ合格をいただけたものの、2校目は1次試験で不合格。確かに分野が少しずれていたので仕方がないことだったのだと思いますし、1次の書類の時点での不合格、…

脱サラ芸大生 今週の週報 20170521

お疲れ様です、おかもとです。 今週の週報をお送りいたします。

「リアリティ」という概念

リアリティ、という概念が最近あるなあと思っています。自分の中で、ですが。 うまく言えないのですが、「自分の見えている世界をより深く感じること・より深く感じさせる力」のことをなんとなく総称しています。 一番最初に「現実って僕が思っているよりも…

脱サラ芸大生 今週の週報 20170514

お疲れ様です、おかもとです。今週の週報をお送りいたします。

脱サラしてまで芸大に入ったわけ 【4】 入試にあたっての戦略

http://llllki.hateblo.jp/entry/2017/05/03/232730 そういうわけで美大受験を決めました。 とはいえ、絵が描けるわけでもなく、「絵画」「塑像」「映像」などいわゆる芸術フォームにはいる作品実績も特に持っていなかった状態。 たとえば今から絵を書いたり…

脱サラ芸大生 今週の週報 20170507

お疲れ様です、おかもとです。 今週の週報をお送りいたします。

脱サラしてまで芸大に入ったわけ 【3】 「芸大」という選択肢

前回はアートという世界を選んだ理由を考えてみました。 ですが、アートや芸術の周辺で働くと言っても選択肢はたくさんあります。 ・大学で学芸員資格を取って学芸員、キュレータになる ・芸術祭やイベントを企画している会社に入る ・アーティストをサポー…

脱サラ芸大生 今週の週報 20170430

お疲れ様です、おかもとです。 今週の週報をお送りいたします。

脱サラしてまで芸大に入ったわけ 【2】 なんでアートだったのか

この世に価値を作っていく ということを考えた時に、僕がアートというものを選ぶことになったのは、僕にとってはものすごく自然なことではあります。ですが、100人居たら100通りの選択肢があるわけで、僕がそれを「自然だ」と思えていることにも必ず理由はあ…

脱サラ芸大生 今週の週報 20170423

脱サラ芸大生 今週の週報 20170423 お疲れ様です、おかもとです。 今週の週報をお送りいたします。

Chim↑Pomの「the other side」に行ってきました

【展覧会の感想も記録していきます。当ブログは基本的には水曜・日曜更新ですがこのカテゴリは展覧会とかイベントを見に行ったら不定期に更新すると思います。】 清澄白河でやっていた、Chim↑Pomの「the other side」に行ってきました http://www.cinra.net/…

脱サラしてまで芸大に入ったわけ 【1】 決断のきっかけ

僕が勤めている会社はそれなりに名の通った会社でした。 僕をよく知る人は無収入になってまで大学院に戻るという選択に関して「やっぱお前はお前だな笑 まぁでもお前のやりたいことはそれなんでしょ。」と呆れ半分に応援してくれる方が多かったけれど、少し…

脱サラ芸大生 今週の週報 20170416

お疲れ様です、おかもとです。今週の週報をお送りいたします。

このブログについて

初めまして、おかもとてるきです。 僕は総合大学の文学部を卒業後、インターネットの会社で企画職を4年やり、大学院の芸術学部に入り直しました。このブログではその背景や活動・考えの記録を残していこうと思います。