脱サラ芸大生 今週の週報 20170514

 

お疲れ様です、おかもとです。
今週の週報をお送りいたします。

 

 


◼︎タスク-------------------------------------------------------------------------------------

◆授業
・現代美術表現
型紙の作成
素材発注

・パフォーマンス論
「食」をテーマにした作品 実演

・復興デザイン
映像作品先行例リサーチ
発表資料まとめ

ポートフォリオプレゼンテーション
ポートフォリオまとめ直し


◆24 Packages
・公募①
プロトタイプ制作
予算見積作成
作り方をアドバイスもらうためのアポとり

・公募②
出願完了

・公募③
出願

・パフォーマンス作品「REI
映像イメージ作る
全体設計まとめ直し

・新作
タイトル決定
全体設計 概観作成
簡単な企画書作成
タスク分割
→20日、山田くんとMTG

◆自学
・processing学習
配列

・公募リサーチ


◼︎来週のタスク---------------------------------------------------------------------------

◆授業
・現代美術表現
ミシンを調達
作成方法についてアドバイスをもらう
縫い始め

・復興デザイン
当該地域の伝承についてリサーチ

◆24 Packages
・公募①
アドバイスをもらい、改めてプロトタイプ制作

・パフォーマンス作品 「REI
テキスト作成

・パフォーマンス新作
コンテンツ全体設計
人員構成など全体設計


・ギャラリーリサーチ
・公募リサーチ

◼︎所感-------------------------------------------------------------------------------------

今週はいくつか決断を行いました。
できる決断の大きさはやはり過去してきた決断の大きさに依存するなと思います。主には金額・時間・体力、の3点ですが。この2年間はこの配分がかなり自分の手にある状態なのでできる限り飛び込んで幅を大きくしていこうと思います。
決断の内容に関しては良い形で告知させていただければと思います。

・・・・
自分の記録のために始めたこのブログですが、思わぬところで力が付いているというか

結局人間は言葉で考えるので、その言葉を扱う能力が鍛えられると単純に考える力が上がります。
もともとかなり順番を意識して考える方ではありましたが、それがさらに強くなっています。

今までパワーポイントなどの資料を作る際はしっかりまずは起承転結、1メッセージ1スライド、図やチャートはあくまでメッセージの補足、というのを意識できていたのですが文章はどうしてもそういう意識を持てませんでした。ブログを初めて意識的にそのフォーマットで、むしろ事前にExcelでメッセージ、そのための伝える要素、などを整理してから書くようにし初めて、それが脳内に定着してきた感じがします。

考えてみれば、ホームページの方のブログも合わせれば1週間でゆうに1万文字以上は考えて文章を書いているわけです。1万文字って・・・。卒論は4万文字でしたし、来年提出する修論も4万文字なのに・・・。
気負いなく書けそうです。

4月は3週間かけてうんうん唸りながら書いていた公募の申請書などが3日くらいでスッとかけるようになってきています。もちろん通らなければ意味はないので早くなったことを単純に喜ぶべきではないのですが、時間が浮いた分考える時間・作品を作る時間・通る申請書を考える時間を取ることができるわけで、一旦成長はしている、という実感を得られてはいます。

・・・

今週のパフォーマンスの授業では、「服を脱いで肉の部位を体にマジックで書いていき、最後に服をきて自分に値札を貼る」というのをやリました。「半額」のシールも用意して17時になったら値札の上に貼り付けました。
ここまで思い切りの少なさゆえに失敗している気がしたので脱ぐとかそういう自分としても踏み込まないとできない行為を盛り込んだつもりです。その意味では少し頑張れたと思うのですが、ただ、もしかしたらもう少し、ウケを狙うのではなく自分の感じた物を素直に取り出してポンと俎上に乗せるくらいで良いのかもしれない、とも思いました。

ジャグリングという手段が、あまりに手段としての粒が立ちすぎているというか、どうしても「ボールがいっぱい飛んだ!すごい!」になりがちだと思うんですね。伝えたいことがその奥にあるとしても。それと同じことをやってしまったような気がします。

今回のパフォーマンス、僕は一応「弱肉強食っていうけど、食べられるために生きてる生き物っていないよね」みたいなことをちゃんといろいろ考えてたどり着いたのですが、半裸と半額のインパクトが大きすぎたのかもしれない。というかそもそもそんなに深く考える必要ってないかもしれない、意義よりも造形に意味があるアートもあるし、でもアートって何だろう、、

と、考え込むのは僕の強みであり個性であるのですが、うまく行っていないときは迷路がどんどん大きくなりがちです。今までは外の基準を知るのも自分の中に基準を作るのもそれなりにできるように鍛えてそれで対処していたのですが、いい意味で「気にしない」という根性だけはなかなか持てておらず、次のステージはここなのかもしれません。

-------------------------------------------------------------------------------------


以上です。
今週もお疲れ様でした。
来週も宜しくお願い致します。