脱サラ芸大生 今週の週報 20170709

 
お疲れ様です、おかもとです。
今週の週報をお送りいたします。
 

 

◼︎タスク-------------------------------------------------------------------------------------
 
◆授業
・現代美術表現
6着完成端処理
防水加工
 
・現代芸術表現
企画書作成
タイトル決定
 
・復興デザイン
共有用企画書作成
仕様書作成
 
中身のストーリー作成
 
 
◆公募
公募スケジュール整理
 
◆24 Packages
・公募①
色塗り
 
・パフォーマンス新作
全体構成作成
プロット整理
広報スケジュール作成
チーム共有
 
◆自習
・opernFrameworks
画像の使用
動画の使用
 
・Ae
テロップ作り
 
 
◼︎来週のタスク---------------------------------------------------------------------------
 
◆授業
・現代美術表現
ハンガーの作成
 
・復興デザイン
先方へ提出
仕様書の作成
 
病院訪問
トーリー決定
 
・カメラ演習
合成技法を使って編集してみる
 
◆24 Packages
・公募①
地図作成の依頼用仕様書作成
 
・パフォーマンス新作
ポリッドスクリーンリサーチ
プロットの詰め
ライトのリサーチ
 
◆自習
・openFrameworks
動画の使用
アドオンの使用
 
・Ae
 
◼︎作ったもの---------------------------------------------------------------------------
 
・Ae テロップ作成
TV番組で使われる小さい映像を4点ほど作成してみました。(M1の挑戦者紹介みたいな感じ)
意外と分解すると簡単に作れてしまって、今まで普通にみていたTVとかも「どうやって作っているのか」「難しそうか」みたいな視点で見るようになり面白いです。
 
 
◼︎所感------------------------------------------------------------------------------
 
先週頑張れたのにうって変わって、今週は週の中頃で体調を崩してしまいました。
久しぶりに高熱と下痢、でなかなか思うように動けず。。。
来週は取り戻します。
 
・・・・・
 
どのプロジェクトでも思うのが多人数でやっていると「決める」っていうのは難しいなということです。
拡散と収束をフェーズ分けできない、自分の権限で終わらせることが怖い、反対意見を潰すのが怖い、ギリギリまでこだわりたい、諸々理由はあると思うのですが。
僕は「全て2秒で決断すると決めている」「決めてから起こったことには全責任を持つ」ということをベースとして決めているので決断が得意な方ではあります。それも社会人の経験で得たことではありますが。
 
そんな中で最近とても思うのが「どうやってポジティブに責任を持つ、というファシリテーションを行えるだろうか」ということです。「拡散するためのコースを作る」ための手段はいくつか持っているのですが、そこから一つに決めようとなった時が難しい。やっぱり他の意見を捨象してしまうような気がするし、決断に自信も持てきれない。というのは自分を省みてもわかります。
 
・・・・・
 
プログラミングを学習していく上で最近やっと「そういうものなんだ」と納得することができるようになってきました。
初期は「なんでfloatとintは違うの」とか、「なんでここは.なのにここは;なの」とか、極端に言えば「そういうしきたりだから」としか言えないことが引っかかりがちでした。
でも一旦そういうもの、と飲み込んでしばらくするとしっくりしてくる感覚がやっと出てきています。まだ新しいものが出てきた時はなかなかすぐには飲み込めませんが。
プログラミングという合理の塊みたいなイメージのもので「やってりゃ慣れる」というのは変な意外性を感じていますが、きっとそういうものが多いのでしょう。久しく「がむしゃらにやる」から離れていた僕の、先の見えない努力から生まれた小さな成功体験です。やっぱり飛び込んで、しばらく頑張ってこないと感覚は掴めないんだ。
 
・・・・・
 
秋の公演のキックオフを名古屋でやってきました。
公演メンバーが東京、茨城、名古屋、そして公演の会場はそのどこでもない、というよくわからない構成です。
 
-------------------------------------------------------------------------------------
 
 
以上です。
今週もお疲れ様でした。
来週も宜しくお願い致します。